クレジットカードの「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の規制の違いについて知っておきましょう

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものがあります。

 

クレジットカード

 

ショッピング枠は買い物に使うことができる与信枠のことです。ショッピングの代金は一括で返済することの他、リボ払いにして毎月決まった金額を支払うことも可能です。

 

この分割が2か月以上かつ3回以上の支払いになると「総合割賦」として扱われます。商品を分割で買う場合は契約が必要になりますが、クレジットカードでは総合割賦販売の契約を行っているため、商品個別ごとに契約をすることなく分割払いを選択することができるのです。

 

一括で支払う場合は手数料はかかりませんが、リボ払いにした場合は決められた金利で手数料を支払わなくてはならず、カード会社はあらかじめこの契約内容を記載した書類を、契約者に送らなくてはなりません。

 

ショッピング枠はあくまでも商品やサービスの購入に使うことができるものであり、お金を貸す「キャッシング」とは別の法律によって規制されています。

 

キャッシング枠の場合は発行元が銀行かそれ以外かによって変わってきます。

 

銀行発行のカードであった場合は総量規制外となります。信販会社や消費者金融が発行しているクレジットカードでは、キャッシング枠は総量規制の対象となっており、限度額は年収の3分の1までに制限されます。

 

総量規制とは多重債務者を減らすことを目的として作られたものですが、ショッピング枠が規制されていないため、結果として年収の3分の1以上の債務を背負ってしまうこともあるのです。

 

例えば300万円の年収の人の借り入れ可能額は100万円です。しかし100万円借りている状態でショッピング枠も利用していれば、それだけ債務が増えるのです。クレジットカードは本人の年収の支払い能力内であり、他社での残高もそれほど多くなければ、何枚保有していても審査に通る可能性があります。そのため与信枠は制限されず、使いすぎてしまうこともあるのです。

 

ショッピングする女性

 

またショッピングの限度額には見えない枠が設定されていることもあります。これは額面分ギリギリで決済ができなくなってしまうことを避けるためであり、カード会社によって1割程度の見えない限度額を用意していることもあります。使えなくなるまで利用するのではなく、自分でいくら使っているのか把握しながら利用することが大切です。法律によって規制はされていますが、利用する側が自分を規制しながら使うことが、上手なカードの使い方でしょう。